セミナーのお知らせ!

プロフィール

はじめまして。名古屋市内を中心に活動している税理士の松野宗弘です。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 

税理士を目指した理由

新卒で製薬会社に就職後、27歳のときに人材業界に転職。

人材業界では、中小企業の経営者に対する新卒採用の支援のほか、就職サイトの運営や学生向けの就職相談を経験しました。

採用コンサルタント時代は、経営者から学ぶことが多く、「独立」を意識し始めたのもこの時期です。

あるとき、経営者から財務の相談を受けたことがあり、決算書を読むことができないという恥ずかしい思いをしました。

経営者は、「売上」「人材」「資金繰り」の3つの要素を総合的に判断して、経営に関する決断をします。

そのとき、経営者の立場で経営を考えるには「人材」だけではなく、「お金」に関する視点も必要だと感じました。

この思いを持ち続けていたため、財務経理への配属をきかっけに簿記の勉強に取り組み、39歳で税理士を目指すことを決断しました。

そして、税理士事務所に11年間勤務したのち、50歳で独立開業しました。

 

パラレルキャリア(複業)

採用コンサルタントから税理士になったのは、キャリアチェンジではなく「パラレルキャリア」として、本業がひとつ増えたと考えています。

税理士業界にいても、お客様から採用の相談を受けることがあり、そのときは採用コンサルタントとして課題解決を提案していました。

どちらのキャリアも本業であるため、お客様が抱える課題によって税理士と採用コンサルタントを使い分けています。

そして、「2つのキャリア」があることで、経営者に寄り添って経営判断に役立つ情報を提供できています。

このようなパラレルキャリアという働き方ができるのも、フリーランスという働き方の良さです。

これからも、お客様に幅広いサービスを提供していくために、新たなパラレルキャリアの構築を続けていきます。

 

フリーランスの「実験室」

働き方の多様化が進む中で、今後フリーランスという働き方は増えていきます。

フリーランスは、自分で働く時間や場所を自由に選択できる良さはありますが、それを実現して維持するには「働き方の仕組み」が重要です。

クラウドを利用した会計ソフトやストレージ、コミュニケーションツールのチャットやWeb会議、ペーパーレス化を促進する便利なツールなど、活用できるものがたくさんあります。

お客様とともに「働き方の仕組み」をつくり上げるには、自らが率先して新たなものを試す「実験室」であるべきだと考えています。

そのために、新たなITツールに積極的に触れ、常に業務の効率化を意識して仕組みの改善に取り組んでいます。

「成長」には、新たなものを取り入れる「変化」がともないます。

新たな変化を一緒に共有していただけるお客様との出会いを楽しみにしています。

 

好きな言葉

努力に勝る才能なし
自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ

 

好きなスポーツ

フルマラソン

ベストタイム:3時間54分6秒

2019年 愛知池ハーフマラソン ※12月22日開催 申込済
2019年 第32回いびがわマラソン
2007年 第32回河口湖日刊スポーツマラソン
2006年 第31回河口湖日刊スポーツマラソン
2005年 第30回河口湖日刊スポーツマラソン 
2004年 第29回河口湖日刊スポーツマラソン 
2003年 第28回河口湖日刊スポーツマラソン 
2002年 第27回河口湖日刊スポーツマラソン 
2001年 第26回河口湖日刊スポーツマラソン 
2000年 第25回河口湖日刊スポーツマラソン
1999年 第16回大町アルプスマラソン
1998年 第23回河口湖日刊スポーツマラソン

 

野球

小・中学校は軟式
高校は硬式
社会人は草野球

現在は草野球を引退し観戦のみ
ドラゴンズファン

〈応援に行ったことがある球場〉
ナゴヤ球場
ナゴヤドーム
東京ドーム
神宮球場
甲子園球場