青色申告の始め方セミナーを開催中!

リニューアルされたe-Taxで委任関係の登録を設定

リニューアルされたe-Taxで委任関係の登録を設定

個人納税者のメッセージボックスに届く情報を転送するために、久しぶりにe-Taxを利用しようとしたらトップページがリニューアルされていて戸惑いました。

「委任関係の登録」を設定するのに、トップページからの進み方に迷ってしまったので、自分のための備忘録を兼ねてまとめておきます。

ここでは、リニューアル後のe-Taxを利用して委任関係の登録をする方法について解説します。

 

e-Taxのトップページがリニューアル

2020年7月1日に、e-Taxのトップページがリニューアルされました。

e-Taxリニューアル

 

今回のトップページのリニューアルは、次のような目的で行われたようです。

  • スマートフォンから閲覧する利用者が増加したことから、スマートフォンを意識したデザインに改善。
  • 情報量が多く、知りたい情報が見つけづらかったことから、掲載情報を「利用者別」又は「目的別」に整理。
  • 文字だけでなく、視覚的にも伝わりやすくなるよう、各システム・コーナーに画面イメージやイラストを配置。

 

トップページのメニューの配置などがガラッと変わったしまったので、リニューアル後のe-Taxに初めてアクセスしたときは、使い方に戸惑うと思います。

 

委任関係の登録を設定

個人納税者の確定申告をお手伝いするのに役立つ情報として、e-Taxのメッセージボックスに届く「申告のお知らせ」があります。

しかし、個人納税者のメッセージボックスは、マイナンバーカード等の電子証明書がないと閲覧ができないため、税理士のメッセージボックスに「申告のお知らせ」が転送されるよう、委任関係の登録をしなければなりません。

 

e-Taxのリニューアル前は、トップページの「メッセージボックスの確認」からログインをして「委任関係の登録」の手続きをすることができました。

電子申告

 

リニューアル後は、トップページのメニュータブの「各ソフト・コーナー」から進むことになります。

e-Taxリニューアル

 

「各ソフト・コーナー」をクリックすると、目的ごとに利用できるソフトが表示されます。

ここで、「受付システム」を選択して進むと、ログインページが立ち上がります。

e-Taxリニューアル

 

このあとは、いままでと同じ手順で、まずは納税者の利用者識別番号とパスワードを利用してログインします。

e-Taxリニューアル

 

ログイン後のメインメニュー画面で、「各種登録・変更」から「委任関係の登録」を選択します。

e-Taxリニューアル

 

「委任関係の登録」画面で、税理士の利用者識別番号を登録したら、一旦「受付システム」からログアウトとします。

e-Taxリニューアル

 

今度は、「受付システム」から税理士の利用者識別番号とパスワードを利用して再度ログインをします。

そして、「各種登録・変更」から「委任関係の確認・承認・解除」へ進みます。

e-Taxリニューアル

 

先ほど委任関係の登録をした納税者が、未承認一覧に表示されているので、「承認」にチェックを入れて実行をクリックします。

e-Taxリニューアル

 

これで、個人納税者の委任関係の登録は完了です。

e-Taxリニューアル

 

リニューアル後のe-Taxを利用した委任関係の登録手順についてまとめてみました。

メニュータブの「各ソフト・コーナー」にある「受付システム」からログインするのが分からず、委任関係の登録をするだけで相当時間を使ってしまいました。

「よくある質問」で委任関係の登録について調べても、ログイン後の手順しか記載がないため、トップページをリニューアルしたのであれば、まずはメニューの選択手順から説明を記載してもらいたいですね。

 

 

編集後記

昨日は、テレワークに関するセミナーに参加して情報収集を。自分の業務に活用できそうな話が聞けたので、いろいろ試してみようと思います。

 

税務・会計ソフトカテゴリの最新記事