会社員を卒業して、独立を選ぶことによって手に入れたかった3つのこと。

会社員を卒業して、独立を選ぶことによって手に入れたかった3つのこと。

独立して手に入れたかったものがいくつかあります。

その中でも、特に手に入れたかった3つのことについて書きたいと思います。

 

時間のルールに縛られない

長い会社員生活で辛かったのが、電車の「通勤ラッシュ」です。

いままで愛知、東京、大阪で働いてきましたが、朝の通勤時はずっと満員電車でした。

特に、東京で利用していた小田急線は、混雑の具合が半端なく、通勤だけでぐったりでした。

就業規則で勤務時間が決められているので、そのルールに従って仕事をしなければなりません。

通勤ラッシュから抜け出すためには、新しい働き方を見つけるしかありませんでした。

時間のルールに縛られる働き方を終わりにしたいと思いました。

 

わたしは朝型人間なので、5時くらいに起きてブログを書いたり、読書をしたりしています。

税理士試験の受験生のときも、早起きして1時間ほど勉強をしてから出勤していました。

早朝は頭がスッキリしているので、短時間で効率的な学習ができて勉強がはかどります。

自分の生活スタイルに合った時間の使い方ができれば、効率よく仕事ができて、1日を有意義に使えると思っています。

働く時間を自由に決められることが、わたしがもっとも手に入れたかったものです。

 

働く場所が自由に選べる

いまの時代、パソコンとネット環境があれば、場所を選ばず仕事ができます。

顧問先ともメールやチャットを活用すれば、いつでもどこでもコミュニケーションが取れます。

自分にとって居心地のいい空間で働くことが、仕事の効率アップにつながると思っています。

その日の気分や仕事の内容で、自宅のほかに、コワーキングスペース、カフェ、図書館などと、仕事をする場所を自由に選びたいものです。

 

職場に出向いて働くことが、仕事のパフォーマンスを高められるとは思っていません。

朝から満員電車で通勤していたら、無駄にエネルギーを消費してから仕事に取り掛かることになります。

顧問先から求められているのは、「仕事の成果」です。

仕事の成果を出すのに、いまの時代どこで働くかは関係ありません。

どこで働くかより、何を提供できるかにこだわって働きたいと思っています。

 

仕事を自分で決められる

雇われで働いていると仕事の内容を選ぶことができません。

自分がやりたい仕事ばかりならいいのですが、そうでない仕事を振られることもあります。

顧問先から報酬をいただいているので、対価に見合う成果を出すよう取り組みますが、仕事に対してワクワク感はありません。

顧問先から求められていることと、自分がやりたいこととの間にミスマッチが起きているので、仕事をこなすだけの関係になってしまいます。

 

仕事において「ワクワク感」はとても大切です。

自分がワクワクしながら仕事をしないと、アウトプットのクオリティも高まりません。

仕事のパフォーマンスを高めるためにも、自分のやりたいことや、楽しめることをサービスとして提供していきたいと思っています。

やりたくない仕事を経験したことにより、自分がやりたいことが明確になりました。

何ごとも経験したことは、考え方ひとつでプラスに転換できるので、これからの働き方に活かしていきます。

 

編集後記

5月らしい気候に戻って過ごしやすくなりました。さすがにこの時期での真夏日は早すぎましたね。

 

独立カテゴリの最新記事