確定申告の受付を始めました!

初参加の愛知池ハーフマラソン。最後に失速したが無事完走

初参加の愛知池ハーフマラソン。最後に失速したが無事完走

愛知郡東郷町で開催された「第6回愛知池ハーフマラソン&ファミリーラン大会」に参加してきました。

ハーフマラソンは初参加でしたが、フルマラソンとはまた違った楽しさがありました。

目標タイムには届きませんでしたが、次の大会に繋がる走りはできたと思っています。

 

 

雨降りの大会にならずに助かった

マラソン大会に参加するのに一番気になるのが天気です。

いままでフルマラソンを11回走っていますが、運よく雨に降られたことが一度もありません。

しかし、今回だけは雨具を着て走るのを覚悟していました。

1週間前の時点で、大会当日の天気予報は「雨」で、寒くなるとのこと。

大会は雨天決行になっていますが、正直雨がひどかったら参加をやめようか悩んでいました。

 

しかし、大会が近づくにつれて、雨の予報から曇りにかわって、なんとか当日は天気がもってくれました。

気温もそんなに低くはなく、なかにはTシャツで参加している方もいました。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

ハーフマラソンは初参加でしたが、フルマラソンにくらべると、やはり運営がこじんまりとしています。

エントリーも1,000人くらいなので、ちょっとした町の運動会のような雰囲気です。

子供たちのダンスがあったり、子供が遊べるトランポリンが設置されたりして、家族で楽しめる大会でした。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

フルマラソンとは違う速さを体験

愛知池ハーフマラソンは、愛知池を3周するフラットなコースなので、初心者でも走りやすい大会です。

好記録を出しやすいコースなので、5分/㎞で走る設定をして、1時間45分以内を目指すことにしました。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

参加人数が少ないといっても、コースが狭いので、スタート前は長い列になります。

スタート地点を通過するのに、1分ほどかかりましたが、スタート地点を通過すれば普通に走れます。

ハイタッチをしているのは、ゲスト参加のメ~テレ天気予報士の山田修作さんです。

ゲスト挨拶のときに、大会当日の天気予報を解説してくれていました。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

最初の2~3㎞くらいは、ランナーが多くて追い抜きが難しいですが、そのあとはランナーもばらけて自分のペースで走れます。

ハーフマラソンは、周りのペースが速いので、最初の5㎞はオーバーペースになりました。

途中から5分/㎞のペースに戻して、いい感じで走れていましたが、17㎞あたりでふくらはぎに「ピリッ」というイヤな痛みが。

その後は両足がつってしまって、ここでペースダウンとなってしまいました。

あとはごまかしながら走り切って、なんとかゴールまで辿り着いたという感じです。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

ゴールタイムは、グロスが1時間48分55秒で、ネットが1時間47分58秒でした。

目標の1時間45分以内はクリアできませんでしたが、そこそこ頑張れたと思っています。

 

ゴール後には、ランナーにリンゴと豚汁が配られました。お腹が空いていたので美味しくいただきました。

愛知池ハーフマラソン愛知池ハーフマラソン

 

時間節約になる近場のハーフマラソン

近場のハーフマラソンに参加して何が一番良かったかというと、時間拘束が少ないことです。

初めての参加だったので、余裕をもって7時30分に家を出ましたが、10時からハーフマラソンを走って、家に戻ったら12時40分でした。

午前中だけでひとつのイベントが終わると、一日が有効に使えて助かります。

 

これがフルマラソンとなると終日予定を空けることになり、遠方の大会となると前日から宿泊して丸2日潰れることになります。

それにくらべて近場のハーフマラソンであれば、時間の拘束が少なく済むので、これからハーフマラソンの参加を増やそうと思います。

脚力を鍛えるにはいい練習になるので、フルマラソンの前に2つくらい大会に出ておくのが良さそうです。

 

愛知池ハーフマラソンは、走りやすいコースだったので、来年も参加して記録更新を狙います。

そして、ほかにも近場でハーフマラソンがないかを探してみようと思っています。

 

編集後記

今年は、愛知池ハーフマラソンで走り納めです。来年は、1月19日の木曽三川マラソンに申し込んだので、再度フルマラソンにチャレンジです。なんとかサブ4を達成したい。

 

ライフカテゴリの最新記事