青色申告の始め方セミナーを開催中!

マイナポータルのつながる機能で「ねんきんネット」と連携

マイナポータルのつながる機能で「ねんきんネット」と連携

自分の年金記録や、将来受け取る年金の見込額を確認できる「ねんきんネット」というサービスがあります。

最近、マイナポータルを利用する機会が増えたため、マイナポータルからねんきんネットへアクセスできるよう、「もっとつながる」機能で連携をしてみました。

ここでは、ねんきんネットのサービスとマイナポータルとの連携について紹介します。

 

ねんきんネットのサービス

ねんきんネット」は、これまでの年金記録や、将来受け取る年金の見込額など、自分の年金に関する情報をパソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも確認できるサービスです。

ねんきんネットを使えば、誕生日月にハガキで届く「ねんきん定期便」の情報もオンラインで確認できます。

 

ねんきんネット

 

年金記録を確認する

最新の年金記録が月別に表示され、記録の漏れがないかを確認できます。

ねんきんネット

 

また、加入実績に応じた年金見込額を確認することができます。

ねんきんネット

 

将来の年金額を試算する

これからの働き方や、老齢年金を受け取る年齢などを設定することで、将来の年金額をシミュレーションすることができます。

ねんきんネット

 

通知書を確認する

ねんきん定期便をPDFファイルにて確認することができます。また、ダウンロードもできるため年金記録の管理や保存に便利です。

ねんきんネット

 

さらに、通知書の再交付申請なども行えるため、社会保険料の控除証明書や公的年金等の源泉徴収票を紛失したときの申請がオンラインでできます。

【再交付申請できる通知書】

  • 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
  • 公的年金等の源泉徴収票
  • 年金額改定通知書
  • 年金振込通知書
  • 支給額変更通知書

 

ねんきんネットは、基礎年金番号を使用してユーザIDを取得すれば利用できますが、マイナポータルと連携をすれば、ユーザIDがなくてもアクセスできるようになります。

 

マイナポータルとの連携

マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、マイナンバーカードを使って行政手続きがワンストップでできたり、行政機関からのお知らせの確認ができるポータルサイトです。

そして、マイナポータル内にある「もっとつながる」機能を利用すると、外部サイトの「e-Tax」や「ねんきんネット」と連携することができます。

 

ねんきんネットとの連携は、マイナポータルにマイナンバーカードでログイン後、トップページにある「もっとつながる」から行います。

マイナポータル

 

つながっていないウェブサイトの一覧から「ねんきんネット」を選択し、「つなぐ」をクリックします。

マイナポータル

 

ここで、マイナンバーカードから個人情報を読み取って、ねんきんネットへ送信をします。

マイナポータル

 

ねんきんネットのページが立ち上がったら、利用規約に同意して「マイナポータルとの連携を続ける」をクリックします。

ねんきんネット

 

これで、マイナポータルとねんきんネットの連携は完了です。

ねんきんネットを始めて利用する場合は、「ねんきんネットを利用する」に進んでメールアドレスなどの設定を続けて行えます。

マイナポータル

 

ねんきんネットへアクセスしてメールアドレスの登録と、「ねんきん定期便」のペーパーレス化の設定ができます。

ねんきんネット

 

ねんきんネットのサービスとマイナポータルとの連携について紹介してみました。

来年の3月からはマイナンバーカードと健康保険証が連携し、マイナポータルで医療費や健康診断の情報を確認できるようになります。

マイナンバーカードやマイナポータルを活用し、さらに利便性の高いサービスが提供されることを期待しています。

 

 

編集後記

昨日は、顧問先の月次チェックと資料作成を中心に。夕方からはZoomによる税理士会のミーティングでした。

 

ライフカテゴリの最新記事