ドメイン移管はサーバー引っ越しと一緒にやっておくと忘れない。

ドメイン移管はサーバー引っ越しと一緒にやっておくと忘れない。

さくらインターネットからエックスサーバーへの移行が完了したので、その流れでドメインも移管しておきました。

 

ドメインの移転と移管の違いとは

ドメインを変更する方法には、移転と移管の2種類があります。

移転とはドメインの管理業者を変更せずにネームサーバーだけを変更することで、移管とはドメインの管理業者を新たな管理業者に変更することです。

 

わたしは、さくらインターネットでドメインを契約していたので、サーバー移行のときはドメインはさくらインターネットのままで、ネームサーバーだけをエックスサーバーのものに変更しておきました。

新サーバーへの移行が完了し動作が安定するまでは、作業が簡単なドメインの移転を選択しました。

このままでも問題なくドメインとサーバーは紐づいた状態になっています。

でも、サーバーとドメインの管理会社が異なると管理がわずらわしので一か所にまとめることにしました。

 

エックスサーバーへのドメイン移管

さくらインターネットからエックスサーバーへのドメインの移管の流れを見ていきましょう。

さくらインターネットにてドメイン移管(転出)依頼

まず、さくらインターネット側でドメイン移管の手続きをします。さくらインターネットにログインして契約情報をクリックします。

サーバー移行

 

契約ドメインの確認を選択します。

サーバー移行

 

転出を選択しクリックします。

ドメイン移管

 

個人情報の取扱いに同意して次に進みます。

ドメイン移管

 

注意事項の項目へのチェックとメールアドレスを入力して確認画面に進みます。

ドメイン移管

 

確認画面でOKをクリックすると次のようなメールが届きます。

メールに記載のあるオースコードはエックスサーバー側のドメイン移管の申請で使います。

ドメイン移管

 

エックスサーバーにてドメイン移管(転入)申請

さくらインターネット側の手続きが完了したら、今度はエックスサーバーでドメイン移管申請を行います。

エックスサーバーのログインからインフォパネルを選択しログインします。

ドメイン移管

 

ログイン後、サービスお申し込みをクリックします。

ドメイン移管

 

ドメインのところから移管を選らんでクリックし、次に利用規約に同意します。

ドメイン移管

 

移管するドメイン名で検索すると次の画面が開きます。

さくらインターネットからのメールに記載があった「オースコード」を入力して確認画面に進みます。

ドメイン移管

 

これで移管申請は終わりです。最後に支払手続きをしてすべて完了です。

サーバー移行に比べたら手続きは簡単なため、サーバー移行の流れで一緒に手続きしておくのもいいでしょう。

 

本当はゴールデンウィーク中にドメイン移管まですべて終わらせる予定でしたが、10連休でさくらインターネット側の転出手続きが対応してもらえず、休み明けにエックスサーバーへの転入作業を終わらせました。

サービスによっては休日に対応してもらえないものがあるので、事前に確認して作業をした方がよさそうです。

 

編集後記

今日は税理士登録のための現地調査で、調査担当の方が自宅兼事務所を見学に来られました。作業部屋についての指摘事項はなく無事調査は終了したので、あとは税理士会での面接を残すのみです。現地調査は雑談程度で終わるのかなと思っていたら、確認事項をひとつずつヒアリングされる面談でした。

 

ブログカテゴリの最新記事