青色申告の始め方セミナーを開催中!

青色申告特別控除の65万円を受けるためにe-Taxの準備

青色申告特別控除の65万円を受けるためにe-Taxの準備

所得税の青色申告における特典のひとつに、青色申告特別控除があります。

この青色申告特別控除が、2020年分の確定申告から改正され、65万円控除を受けるための要件が変更になりました。

ここでは、青色申告特別控除の65万円を受けるためのe-Taxの準備ついて解説します。

 

青色申告特別控除65万円の適用要件

2020年分の確定申告から、青色申告の特典である青色申告特別控除が改正されることになりました。

今回の改正により、いままで65万円と10万円であった青色申告特別控除が、65万円、55万円、10万円の3種類に変更されます。

 

青色申告特別控除改正

 

従来の65万円控除は、改正により55万円に減額されましたが、その代わりに基礎控除が48万円に増額されたため、合計の控除額には変更はありません。

そして、従来の65万円控除の要件に加えて、次のいずれかの要件を満たすときは、控除額の合計が113万円となり、改正前より10万円多く控除が受けられるようになります。

  • e-Taxによる申告(電子申告)
  • 電子帳簿保存

 

e-Taxによる申告の方が、電子帳簿保存より要件を満たしやすいため、このあとではe-Taxの準備ついて説明します。

 

e-Taxによる申告(電子申告)

e-Taxを利用して確定申告書を送信する方法には、「ID・パスワード方式」と「マイナンバーカード方式」があります。

2020年分の確定申告からe-Taxで申告するには、いずれかの方法が利用できる環境を整える必要があります。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式とは、マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な措置として導入されたものです。

税務署の窓口で、本人確認書類を提示して手続きをすれば、その場で「ID・パスワード方式の届出完了通知」が発行してもらえます。

ID・パスワード方式

 

そして、「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたIDとパスワードを利用すれば、「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxによる申告ができます。

マイナンバーカードを取得していない方にとっては、ID・パスワード方式は手軽にe-Taxが始められる方法です。

 

ID・パスワード方式については、こちらの記事で詳しく書いています。

 

マイナンバーカード方式

ID・パスワード方式は、マイナンバーカードが不要で簡単にe-Taxが始められますが、あくまでも暫定的な手段になります。

毎年確定申告をするのであれば、マイナンバーカード方式を選択することをおすすめします。

マイナンバーカード方式

 

マイナンバーカードの取得には、申請手続きから交付まで1~2か月ほど要するため、手続きは年内に済ませておきましょう。

そして、マイナンバーカードの準備ができたら、e-Taxのホームページから「受付システム」にログインし、マイナンバーカード方式の利用開始設定を行えば、e-Taxでの申告ができるようになります。

詳しい手続きの流れについては、こちらで確認をしてください。

 

「ID・パスワード方式」と「マイナンバーカード方式」のまとめ

  準備するもの 要する期間
ID・パスワード方式 ID・パスワード方式の届出完了通知 即日
マイナンバーカード方式 ・マイナンバーカード
・ICカードリーダライタ
1~2か月

 

 

 

 

青色申告特別控除の65万円を受けるためのe-Taxの準備ついて解説しました。

2020年分の確定申告からe-Taxの利用を考えている方は、年内にe-Taxができる環境を整えておきましょう。

特に、マイナンバーカードの取得には時間を要するため、早めに手続きを進めることをおすすめします。

 

編集後記

週末は、本棚に溜まっていた本を処分するために、メルカリにコツコツと本のデータをアップしていました。

 

確定申告カテゴリの最新記事