プロ野球開幕直前。ドラファンの2019年セ・リーグ順位予想。

プロ野球開幕直前。ドラファンの2019年セ・リーグ順位予想。

明日は野球ファンが待ちに待ったプロ野球の開幕です。

開幕直前にドラファンの2019年のセ・リーグ順位予想をしてみたいと思います。

 

順位予想の前にオープン戦の振り返りから

ドラゴンズのオープン戦の成績は7勝9敗3分の8位。

首位は昨年のセ・リーグ覇者である広島でした。さすが今年も強いですね。

ドラゴンズもオープン戦の後半は5点差を追いつく試合があったりと、粘り強さがでてきましたが、あいかわらず打線のつながりが悪く点を取るのに苦戦していました。

 

投手では笠原が安定感のある投球をしていたので大方の予想通り開幕投手に選ばれ、今年のドラゴンズは笠原を中心にローテーションを組んでいきます。

昨年不振だった大野雄と柳がそこそこいいピッチングをしていたので、今年は1年間なんとかローテーションを守ってもらいたいです。

抑えは鈴木博になったみたいですが、シーズン通して抑えができるか不安ですね。

 

野手では堂上と高橋が目立ってました。堂上は毎年打撃フォームの変更に取り組んで失敗を繰り返していましたが、今年のフォームはいままでになく期待が持てそうです。

それと、高橋は与田監督からキャプテンに指名されたことで、キャンプから精力的に体を動かしていたのが打撃にもいい影響を与えている感じがします。

 

最後に課題であった捕手の固定については、バズーカ加藤が開幕スタメンの座をつかもうとしています。さすがにあの強肩は魅力なので、打撃や配球術には多少目をつぶって辛抱強く使ってほしいですね。ヘッドコーチの伊東さんに正捕手の育成を期待しています。

全体的には昨年と戦力は大きく変わっていないので、昨年活躍できなかったメンバーの奮起にかかっているところが不安材料です。

 

2019年のセ・リーグ順位予想をしてみました

それではさっそくガチの順位予想をしてみましょう。

 1位 広島
 2位 巨人
 3位 中日
 4位 ヤクルト
 5位 DeNA
 6位 阪神

今年も4連覇がかかる広島が優勝候補でしょうね。たしかに丸が抜けた穴は大きいですが、控え選手の層が厚いので大きな戦力ダウンにはなっていません。丸の人的補償で加入した長野も活躍しそうな予感がします。

優勝候補の広島と巨人が戦力的に他の4チームを引き離しているので、順当にいけばこの2チームの優勝争いになりそうです。いつものパターンで資金力で大型補強をした巨人にはできれば予想に反して最下位とかになってもらいたいですが。

 

順位予想では期待を込めてドラゴンズを3位にしましたが、ケガ人が少なく開幕時の戦力でシーズン通して戦えれたらの予想ですね。レギュラー陣にケガ人がでると大幅な戦力ダウンになるためそのときは最下位ということも十分あり得ます。

3位から6位まではほとんど戦力に差がないため、シーズン終盤まで混戦になるでしょう。先発ローテーションがはやく固定できたチームが上の順位にいきそうですね。

 

今年はファームの応援も楽しそう

今年のキャンプインは根尾と松坂で盛り上がっていましたがふたりともケガで出遅れてしまい、開幕1軍メンバーにふたりの名前はありません。ちょっと寂しいですね。

でも、根尾はファームで元気に試合に出続けていますし、松坂も順調にリハビリが進んでいて5月には実践復帰できそうです。

 

このふたりのドラフト1位選手以外にも、小笠原や鈴木といった若手のドラ1もリハビリでファームにいるので、今年のファームは豪華メンバーがそろっています。

また、荒木や浅尾の新人コーチがスタッフに加わって若手の育成にも期待がかかります。

そんなファームの応援のために選手が身近で見れるナゴヤ球場に足を運ぶファンが増えるのは間違いなしです。

ドラゴンズがAクラスに入るためにもファームのメンバーの中から1軍で活躍する選手がひとりでも多く出てきてほしいので、ドラファンはファームの応援に力をいれましょう。

 

編集後記

今日は仕事で名古屋の桜の名所である鶴舞公園の近くに行きました。公園の外からもきれいな桜がたくさん見えて、このまま仕事をやめて花見をしたい気分になりました。

桜

 

ライフカテゴリの最新記事