ドラゴンズの2019年前半戦を振り返る。Aクラスを狙えるチャンスがまだ十分ある。

ドラゴンズの2019年前半戦を振り返る。Aクラスを狙えるチャンスがまだ十分ある。

前半戦を4連勝で締めくくったドラゴンズ。前半戦の戦いを振り返ってみたいと思います。

 

2019年前半戦の振り返り

開幕前に予想したセ・リーグの順位表です。4連覇がかかる広島を優勝候補にしていました。

 1位 広島
 2位 巨人
 3位 中日
 4位 ヤクルト
 5位 DeNA
 6位 阪神

 

そして、次が前半戦のセ・リーグの結果です。ドラゴンズは5位で前半戦を終了です。

 1位 巨人    -
 2位 DeNA    9.5
 3位 阪神       0
 4位 広島    1.5
 5位 中日    0.5
 6位 ヤクルト  4.0

 

開幕に予想した順位が、いまのところは見事にハズレています。

巨人は、丸の加入で確実に戦力アップしているので、いまの首位は順当なのかもしれません。

これだけ独走を許しているのは、巨人戦に4勝10敗と大きく負け越しているドラゴンズに責任があるでしょう。

その他の5チームは、2位から6位までが6ゲーム差しか離れていないので混戦ですね。

 

ドラゴンズの前半戦は、37勝43敗の借金6という結果です。

ファンとしては、満足できる結果ではありませんが、故障者が多かったわりには、上位が狙えるゲーム差で前半を終えたので健闘した方でしょうか。

しかし、試合後半の逆転負けやサヨナラ負けの試合が多く、勝てる試合を何試合か落としのがもったいなかったです。

落合さんの監督時代は、こういった試合を勝ち切る強さがあったのに、いまのドラゴンズが弱い原因は、僅差のゲームを確実にものにできないところでしょう。

 

前半戦に活躍した選手は

開幕投手を務めた笠原が、病気でローテーションを外れたときは、どうなることかと思いましたが、3年目の柳が頑張ってくれました。

借金6で前半戦を終えられたのも、柳が9勝2敗と7つも貯金をつくったおかげでしょう。

昨年0勝の大野も5勝と頑張っているものの、負け数が6つもあり、相変わらず貯金がつくれない選手のままですね。

左投手の柱として、後半戦は貯金をつくってもらいたいところです。

 

野手では、今年からキャプテンになった高橋が首位打者で頑張っています。

5月にはプロ野球記録に並ぶ8度の猛打賞で、月間MVPにも選ばれました。

ドラゴンズファンからすると、やっと数字を残せる選手に育ってくれたという感じです。

阿部も開幕時は活躍していましたが、レギュラーの座を掴むまではいかず、経験不足から打率が落ちてきてしまいました。

センターラインである二塁が固定できなかったのは、ディフェンス面でマイナスでした。

 

あとは、前半戦の終わりに1軍を抹消されましたが、捕手の加藤も頑張ったと思います。

昨年まで1軍の試合経験がほとんどなかった選手が、開幕マスクをかぶって前半戦で56試合に出場したのは評価してもいいでしょう。

最初のうちは、守備でパスボールが目立ちましたが、試合を重ねるうちにキャッチングも安定してきました。

正捕手の固定がドラゴンズの課題なので、若手を積極的に試合で使って育ててもらいたいです。

 

後半戦に期待すること

後半戦からは、ケガで出遅れていた松坂がローテーションに加わるみたいです。

ファームでは、いい投球を続けていたので、最後までローテーションを守って5勝くらいしてもらいたいですね。

また、開幕投手の笠原もローテーションに戻ってきそうなので、先発陣の数は揃いそうです。

あとは、試合の後半を任せられる、生きのいい若手のピッチャーが出てきてほしです。

小笠原や藤島といった若手の復活組が活躍すれば、チームに勢いが出てきそうですが。

 

打撃の方は、平田、大島、ビシエド、高橋が安定した成績を残しているので、犠打のような細かい野球がしっかりできれば、後半戦も得点はそれなりに見込めそうです。

守備では、レギュラーが固定されていない二塁や左翼で、若手を積極的に起用してほしいです。

期待の新人の根尾も、やっと7月のファームの試合で3割を超える成績が残せるようになったので、そろそろ1軍で起用してもおもしろいでしょう。

新人捕手の石橋も楽しみな選手です。打撃も期待できる大型捕手に育ちそうな予感がするので、後半戦は出場機会を増やしてもらいたいです。

 

先発ローテーションが整備されて、打撃面も得点力が見込めそうなので、なんとか久しぶりのクライマックスシリーズの出場に向けて、後半戦を頑張ってもらいたいです。

ファンとしては、シーズン終了時には2位になっていてほしいですね。

 

編集後記

今日からプロ野球の後半戦がスタートします。前半戦は一度もナゴヤドームに行けなかったので、後半戦は応援のために足を運ぼうと思っています。そのためにも後半戦の頑張りに期待しています。

 

ライフカテゴリの最新記事