青色申告の始め方セミナーを開催中!

フリーランスのひとりカフェ代は経費にして大丈夫?

フリーランスのひとりカフェ代は経費にして大丈夫?

フリーランスの方から「ひとりカフェ代は経費になりますか?」と質問されることがあります。

最近、カフェでパソコンを使って仕事をしている人をよく見かけますが、ひとりカフェ代は経費になるのでしょうか?

ここでは、フリーランスのひとりカフェ代について解説します。

 

ひとり仕事のカフェ代は経費で大丈夫

外出したときのすき間時間に、カフェでコーヒーを飲みながら仕事をすることがあります。

最近は、Wi-Fi環境や電源が整っているカフェが増えているので、パソコンさえあれば仕事ができます。

ところで、このようなひとりカフェ代は、経費として処理をしても大丈夫でしょうか?

 

カフェを利用した目的が、コーヒーを飲むためではなく、仕事のためであれば経費になります。

ひとり仕事をするために、カフェを「仕事スペース」として利用したということです。

レンタルスペースやコワーキングスペースを利用するのと同様に、仕事をするために場所代を払ったという感じですね。

 

このように、仕事スペースとしてカフェ代を支払ったときは、「会議費」として処理をします。

そして、カフェ代のレシートには、メモとして仕事の内容を記録しておくといいでしょう。

税務調査で、プライベートのカフェ代と疑われないように、利用目的が仕事のためであることが分かるようにしておくことです。

 

ひとりカフェ代が経費にならない場合とは

先ほど、ひとりカフェ代は経費にして大丈夫という説明をしましたが、経費にできるのは飲み物までです。

カフェでの仕事が長引いたので、ついでにランチなどの食事も一緒に済ませたという場合は、食事代までは経費に含めることができません。

もし、飲み物代と一緒にランチ代を支払ったときは、レシートからランチ代を除いて、飲み物代だけを経費にしておきましょう。

 

それから、自宅兼事務所で仕事をして、事務所部分を経費としている場合は注意が必要です。

自宅の一部を経費にしているなら、自宅近くのひとりカフェ代を経費にするのはやめた方がいいでしょう。

わざわざカフェを利用しなくても、自宅で仕事ができるため、ひとりカフェ代は経費として認められないと考えるべきです。

なお、自宅兼事務所であっても、事務所部分を経費にしていないなら、自宅近くのひとりカフェ代を経費にして大丈夫です。

 

お客様との打合せならもちろん経費

カフェでひとり仕事をした際に、ランチを食べたときは経費になりません。

これが、お客様と打合せをしながら食べるランチであれば経費にすることができます。

 

もちろん打合せがメインであることが前提ですが、売上につながる打合せであれば、「会議費」として経費にして問題ありません。

お客様との食事代が経費になるかどうかは、売上につながる支出かどうかで判断します。

 

そして、お客様との打合せで支払った食事代は、レシートの裏に「誰と」「何人で」「何のために」といったメモを残しておきましょう。

税務調査があっても、しっかり記録を残してあれば、業務上の経費であることが主張ができます。

 

フリーランスのひとりカフェ代ついて解説してみました。

最近は、パソコンさえあれば場所を選ばずに、カフェなどで仕事をすることができます。

働き方の変化に伴い、仕事場としてカフェなどを利用する方は益々増えていくのでしょう。

 

編集後記

昨日は、顧問先のfreeeのデータチェックを中心に。あとはセミナースライドの手直しなどをしていました。

 

所得税カテゴリの最新記事