愛知県は「LINE Pay」が非対応。「PayB」で自動車税の納付をしてみた。

愛知県は「LINE Pay」が非対応。「PayB」で自動車税の納付をしてみた。

自動車税の納税通知書が届いたので、スマホ決済サービスを利用してみました。

愛知県は「LINE Pay」が非対応なので、「PayB」で納付をしました。

 

愛知県の県税に対応している納税方法

愛知県の県税については、次の方法により納付ができます。(2019年4月1日時点)

 

窓口・店頭で納税

・金融機関
・コンビニエンスストア
・県税事務所

 

インターネット・ATMで納税

・クレジットカード
・インターネットバンキング
・スマートフォン決済アプリ「PayB(ペイビー)」

 

口座振替で納税

・口座振替(個人事業税・自動車税のみ)

 

納税方法別の取扱い

 

ここで注意が必要なのが、インターネット・ATMで納付した場合には、領収書と納税証明書が発行されないこと。

納付後すぐに(おおむね2週間以内)車検を受ける場合には、納税証明書が発行される金融機関、コンビニエンスストア又は県税事務所の窓口で納付する必要があります。

引用元:愛知県HP「車検用の自動車税納税証明書について」より

 

「PayB」で自動車税を納付

PayBはコンビニ払込票のバーコードを読み込んで、登録した銀行口座からリアルタイムに支払いができるスマホ決済アプリです。

スマホさえあれば、銀行やコンビニ等へ行くことなく、自宅でかんたんに納付が済みます。

税金の納付以外にも、公共料金や通信販売の支払いにも利用できます。

 

PayBの利用上の注意

・税金の納付にはクレジットカードが利用できない。
 (※クレジットカードによる支払いは、こちらのサービスを利用できます)

・利用可能な金融機関が少ない。(みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、じぶん銀行)
 (※利用するアプリによって他の金融機関も選択できます。詳しくはこちら

・預金口座の残高が不足していると納付できない。

 

それでは、PayBを利用した納付方法を見ていきましょう。

アプリの設定

アプリの設定には預金口座の登録が必要なので、事前に預金口座の情報を準備しておきます。

設定は順調に進めば10~15分で完了します。

 

まず、スマホにPayBのアプリをダウンロードし、個人情報及び口座情報を登録します。

PayB

 

次に、登録したメールアドレス宛に届いた確認メールを確認し、メールに記載されている承認番号を入力して登録完了です。

 

納付の方法

アプリでバーコードをスキャンすると確認画面に切り替わり、金額と口座を確認してクリックすると支払いは完了します。

バーコードをスキャンするときは、読み取り画面に表示される枠内にバーコードを表示させるとスムーズに読み取りができます。

 

支払いが完了すると登録したメールアドレス宛に支払完了通知が届きます。

アプリが設定してあれば、支払い手続きは1~2分程度で完了します。

自動車税の納付期限は5月31日なので、忘れないうちに手続きを済ませましょう。

 

PayBを利用すれば、スマホひとつで自宅でかんたんに納付ができるので、便利なサービスです。

今後、利用できる金融機関が増えてくれば、もっと利用しやすいサービスになると思います。

こうやってキャッシュレス決済が広がって、サービスの利便性が高まるのはいいことです。

 

編集後記

改元にともなう会計ソフトのアップデート通知がいまだに届きます。システム改修によるバグの対応みたいですが、早くシステムが安定しほしいです。

 

地方税カテゴリの最新記事