セミナーのお知らせ!

合同会社を設立したので、e-Taxソフト(WEB版)を利用して法人設立届出書を提出してみた。

合同会社を設立したので、e-Taxソフト(WEB版)を利用して法人設立届出書を提出してみた。

2019年9月17日から、e-Taxソフト(WEB版)において「法人設立及び異動手続の申請・届出」のメニューが利用できるようになりました。

合同会社を開設したので、e-Taxソフト(WEB版)を利用して「法人設立届出書」を提出してみました。

 

e-Taxソフト(WEB版)の事前準備セットアップ

e-Taxを利用するには、事前に次の準備を終えておくことが必要になります。

e-Tax(WEB版)

・マイナンバーカードとICカードリーダライタの準備
・事前準備セットアップツールのインストール
・電子申告・納税等開始届出書の提出
・利用者識別番号の取得
・電子証明書の登録

 

e-Taxソフト(WEB版)を利用する場合のブラウザ推奨環境は、Windows10から「Internet Explorer 11」に新たに「Microsoft Edge」が追加されました。

ここでは、「Internet Explorer 11」を利用した場合の設定状況を確認していきます。

事前準備セットアップをせずに、e-Taxのトップページからe-Taxソフト(WEB版)にログインしようとすると、次のような画面が現れます。

e-Tax(WEB版)

 

この状態ではe-Taxソフト(WEB版)を利用する環境が整っていないため、「事前準備セットアップ」を実行します。

事前準備セットアップには、マニュアルが用意されているので、それに従ってセットアップツールをインストールしていくだけです。

 

法人設立届出書の作成

e-Taxソフト(WEB版)の事前準備セットアップが完了したら、e-Taxソフト(WEB版)のログインに進みます。

そして、事前に取得しておいた利用者識別番号と暗証番号を入力してログインします。

e-Tax(WEB版)

 

ログインできたら「申告・申請・納税」をクリックして進みます。

e-Tax(WEB版)

 

次の画面で、新規作成から「操作に進む」をクリックして、作成手続きの選択で「法人設立及び異動手続きの申請・届出」を選びます。

e-Tax(WEB版)e-Tax(WEB版)

 

ここで申請・届出ができる手続きの一覧が確認できます。

e-Tax(WEB版)

 

法人設立時に提出が必要となる次の届出・申請書はすべて揃っています。

・法人設立届出書
・青色申告の承認申請書
・給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

 

納税者情報と帳票共通項目を入力して次に進みます。

e-Tax(WEB版)e-Tax(WEB版)

 

帳票を作成する画面になりますので、必要なものをクリックして作成します。

e-Tax(WEB版)

 

「法人設立届出書」の作成画面が開きますので、必要な項目を入力していきます。

納税地等の基本情報は、納税者情報で入力された情報がそのまま表示されますので、内容の確認だけで入力する項目はありません。

e-Tax(WEB版)

 

赤枠内の項目について入力していきます。

e-Tax(WEB版)

 

引き続き赤枠内について入力をします。

e-Tax(WEB版)

これで「法人設立届出書」の入力は完了です。同じ流れで次の届出・申請書を作成します。

・青色申告の承認申請書
・給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

 

すべての提出書類が準備できたら、確認画面で提出書類の一覧を確認します。

法人設立届書には、添付書類として定款のコピー、株主名簿、設立時貸借対照表が必要になるため、PDFデータを添付書類として設定します。

e-Tax(WEB版)e-Tax(WEB版)

 

最後に電子署名を付与して、送信をすれば電子申告は完了です。

e-Tax(WEB版)

 

いままでe-Taxソフトのダウンロード版でしかできなかった届出・申請が、e-Taxソフト(WEB版)でできるようになり便利になりました。

画面操作もわかりやすく、初めての方でも入力に迷うことなく提出書類の作成ができるようになっています。

事前にマイナンバーカードを取得して電子署名の設定が必要にはなりますが、それ以外のステップは簡単に進められますので、ぜひe-Taxソフト(WEB版)を利用して届出・申請書の提出をしてみてください。

 

編集後記

法人開設後の手続きがやっと落ち着きました。電子申告については、最初に設定等の手続きがあるため、どうしても時間がかかってしまいます。いろいろ触って慣れていくしかないですね。

 

開業・経営カテゴリの最新記事