青色申告の始め方セミナーを開催中!

ひとりという働き方にこだわっていない。誰かと働くのも楽しいもの

ひとりという働き方にこだわっていない。誰かと働くのも楽しいもの

サラリーマンという環境から解放されて、いまはひとり税理士として楽しく仕事をしています。

しかし、ひとりという環境にこだわっているわけではないので、いつかは誰かと仕事をするかもしれません。

 

ひとりの環境にこだわってない

フリーランスになって、いまはひとり税理士として楽しく仕事をしています。

社会人になってからは、ずっと組織で働いていたため、ひとりという働き方に新鮮さを感じています。

誰かを気にせずに、自分のペースで仕事が進められるのは、ストレスがなく環境としては居心地がいいものです。

 

一方、組織で働くには、その中のルールに従わなければならないため、ストレスがかかります。

たとえば、形式だけの朝礼、ダラダラとした会議、手書きの大量作業などといった、ムダだと思うことも組織に属していると従うことになります。

さらに、仕事を円滑に進めるためには、組織の中での人間関係をそれなりに保たなければなりません。

仕事に集中して働きたいのに、周りに気を使いながら働くのは疲れるものです。

 

しかし、ひとりの環境は居心地がいいですが、この環境にこだわっているわけではありません。

誰かと一緒に働くのも、刺激があって楽しいものなので、いつかそういった環境を目指して方向転換するかもしれません。

人を雇って組織をつくりたいとか、事業を拡大したいというのはありませんが、誰かの独立を支援したいという思いがあります。

 

パートナーを探してみたい

税理士として独立する前から、誰かの独立を支援したいという思いがありました。

税理士業界は平均年齢が高く、業界内の人材の入れ替わりが遅れています。

そのひとつの要因として、独立を支援する環境が少ないと思っています。

 

わたしも、業界内で何度か転職をしましたが、独立を目指す人材を積極的に採用したいという求人には出会いませんでした。

でも、異業種から税理士業界へ転職する人は、できれば将来独立をしたいと考えていると思います。

なぜなら、独立という魅力がなければ、働く環境が決していいとは言えない税理士業界への転職は考えないでしょう。

 

税理士業界が人材不足で悩んでいる要因として、この求職側の志向と採用側のニーズのミスマッチがあります。

就職する側は、独立をしやすい環境を望んでいるのに、採用側はずっと働いてくれる人材を求めているのが現状です。

ですから、独立を支援するような環境が増えれば、もっと税理士を目指そうとする人材は増えると思っています。

 

たとえば、リクルートは社員の退職を「卒業」と呼んで、独立を奨励する風土があるのは、よく知られています。

会社として独立を支援する制度を整えているので、リクルートには独立志向の強い人材が集まります。

このような人材戦略を取っているのは、独立志向が強くてバイタリティのある人材であれば、短期間で成果を出せる可能性が高いのがわかっているからです。

 

わたしも、独立を目指す人に限定して、一緒に仕事ができる環境を準備してみるのもいいなかなと考えています。

資格取得目前の方を受け入れて、資格を取得したら1年以内に独立してもらうような条件で、一緒に働けるパートナーを探してみるのも面白いと思っています。

独立志向の強い人であれば、こちらも刺激を受けて楽しく仕事ができそうですし、学ぶことも多そうです。

 

選択できる環境がいい

いまは、ひとりで働き始めたばかりなので、どんな働き方がいいかを模索しています。

ずっとひとりがいいのか、誰かと一緒に働くのがいいのかは悩むところです。

ひとりで働く良さもありますし、誰かの独立を支援してみたいというのもあります。

 

誰かと一緒に働くのであれば、給料を支給するために、それなりの顧客基盤が必要です。

そして、顧客基盤の構築には営業力が必要になるため、自分の営業力しだいで手に入る環境が決まります。

働き方の選択肢を増やすには、まずは営業力を高めることに専念して、営業のノウハウを蓄積するしかありません。

 

ひとり税理士として独立して、大変さを感じているのが営業活動です。

ですから、誰かを受け入れて独立を支援するのなら、独立前に営業を経験してもらいたいと考えています。

たとえば、自主セミナーの開催だったり、わたしと二人でセミナーを開催するなどして、自分の強みや売りを見つけてもらう機会を提供したいと思っています。

そして、セミナーから顧問契約に結び付けば、その顧問先を担当して、独立時に自分の顧問先として引き継げます。

税理士として独立に踏み切れない大きな要因が、独立後の収入に対する不安なので、それを少しでも解消できれば独立はしやすくなります。

一緒に働くのであれば、顧問先を数件確保した状態で送り出してあげたいと思っています。

 

どちらの働き方が自分に合っているのわかりませんが、働き方が自由に選択できるように、まずは営業の仕組化に取り組んでいきます。

 

編集後記

週末は、お客様と決算の最終打合せを。数字が固まったのであとはチェックをして申告するだけです。

 

仕事観カテゴリの最新記事