青色申告の始め方セミナーを開催中!

「法人設立ワンストップサービス」なら各種手続きがまとめてできる

「法人設立ワンストップサービス」なら各種手続きがまとめてできる

法人を設立すると、複数の行政機関にそれぞれ書類を提出する必要があります。

2020年1月からマイナーポータルの「法人設立ワンストップサービス」を利用すると、各行政機関への手続きがまとめてできるようになりました。

ここでは、法人設立ワンストップサービスについて解説します。

 

法人設立ワンストップサービス

これまで法人を設立する際には、設立届出書の提出などの各種手続きを、各行政機関にそれぞれ個別に行う必要がありました。

いまでは、マイナポータルの「法人設立ワンストップサービス」というオンラインサービスを利用すれば、これまで個別で手続きしていたものを一度で行うことができます。

事務所や自宅のパソコンから、24時間365日いつでもオンラインで各種手続きができるというのがメリットです。

 

法人設立ワンストップサービス

 

法人設立ワンストップサービスを利用すると、次のような手続きが申請できます。

現在は、法人登記後の手続きについてワンストップで申請できますが、2021年2月からは定款認証や法人設立登記を含めたすべての手続きがワンストップで行えるようになる予定です。

法人設立ワンストップサービス

※国税関係手続では、e-Tax受付時間外に提出された場合は、翌稼働日に提出されたことになるため、提出期限に注意する必要があります。

 

サービス利用の流れ

法人設立ワンストップサービスは、マイナーポータル内のサービスのため、利用にあたっては法人代表者のマイナンバーカードが必要になります。

事前にマイナンバーカードとマイナンバーカード読み取り対応のスマートフォン又はICカードリーダライタを準備しなければなりません。

 

法人設立ワンストップサービスの利用においては、次のような流れで申請手続きを進めます。

法人設立ワンストップサービス

 

「かんたん問診・申請」というメニューを利用すれば、質問に答えながら必要な手続きを選択できます。

タイトルには、「かんたん」と書かれていますが、質問内容には専門用語が並んでいて、専門家でないと理解しづらい文章になっています。

できれば、「チャットボット」などを配置して、利用者が届出・申請書を選択しやすいように改善をしてもらいたいです。

法人設立ワンストップサービス

 

すでに申請を行う届出が決まっている場合は、その届出を選択して申請手続きを進めることができます。

法人設立ワンストップサービス

 

申請手続きをすると、次のように申請の処理状況について確認することができます。

すべてのステータスが、「終了」となれば申請手続きは完了となります。

法人設立ワンストップサービス法人設立ワンストップサービス

 

マイナーポータルの法人設立ワンストップサービスについてまとめてみました。

法人代表者がマイナンバーカードを取得していれば、ワンストップサービスが利用できるので、ぜひ活用してみてください。

今後、定款認証や法人設立登記の手続きが可能になれば、法人設立に関する手続きをすべてワンストップで行えるため、より便利なサービスになりそうです。

 

編集後記

週末は、久しぶりに家族と星ケ丘へ買い物に。外出を自粛していた反動なのか、買い物に来ている人が多く驚きました。

 

 

開業・経営カテゴリの最新記事