青色申告の始め方セミナーを開催中!

レシートがあれば領収書がなくても経費にして大丈夫

レシートがあれば領収書がなくても経費にして大丈夫

フリーランスや個人事業主の方から、「領収書はもらった方がいいのでしょうか?」という質問を受けることがあります。

このような質問をされる方は、領収書の方がレシートより証拠書類としての信頼性が高いと思われているようです。

ここでは、レシートと領収書の取り扱いについて解説します。

 

領収書をもらわないといけないの?

仕事に関連して食事をしたり、買い物をしたときは、領収書をもらった方がいいのでしょうか?

なんとなく、領収書の方が正式な書類と思われている方が多いですが、レシートがあれば領収書をもらう必要はありません。

なぜなら、レシートの方が日付、品名、金額、店舗名などが詳細に記載されていて、証拠能力が高いからです。

 

一方、領収書の場合は、但し書きに「お品代」としか書かれていないことが多く、何を購入したのか分かりません。

これでは、買い物をした中にプライベートのものが混ざっていたとしても、確認することができないため、証拠能力としてはレシートに比べて劣ってしまいます。

税務調査においても、領収書より情報量の多いレシートの方が信用されやすくなります。

 

ただし、領収書には「宛名」の記載があり、これはレシートにはないものです。

その支払いを誰が行ったかという証拠能力は、領収書の方が高くなります。

よって、高額な食事代や買い物については、レシートだけでなく領収書も一緒にもらっておくといいでしょう。

 

領収書をもらった方がいいときもある

先ほど、レシートがあればわざわざ領収書をもらう必要はないという説明をしました。

しかし、利用するお店によっては、領収書をもらった方がいいときがあります。

 

たとえば、受け取ったレシートに金額しか記載されていないケースです。

昔から営業しているお店で、使用しているレジが古いときは、レシートに金額しか記載されないときがあります。

 

ほかにも、渡されたレシートの印字があまりにも薄くて、日付や金額が正確に読み取れない場合があります。

いつ、どこで、何を、いくらで買ったのかという情報が分からないレシートであれば、支払いを証明する書類としては不十分と言えます。

こういった場合は、手書きの領収書を発行してもらうようにするといいでしょう。

 

レシートや領収書をもらい忘れたときは?

レシートや領収書をもらい忘れたときは、経費にすることはできないのでしょうか?

もし、もらうのを忘れた場合は、支払いの事実を記録しておくことで、経費として処理することができます。

手帳やメモなどに記録をしてもいいのですが、税務調査での印象をよくするために、できれば「出金伝票」を使用して記録を残した方がいいでしょう。

それから、カードで支払ったときは、クレジットカードの利用明細が残っていれば、領収書の代用として支払いの証明になります。

 

また、もともとレシートや領収書が発行されない電車・バスの運賃や祝儀・香典なども、出金伝票に記録を残しておけば、支出した金額の証明になります。

慶弔費については、支払いの事実を証明するために、招待状や案内状を出金伝票と一緒に保管しておくといいでしょう。

出金伝票の書き方については、こちらで詳しく書いています。

 

レシートと領収書の取り扱いについて解説してみました。

食事や買い物をしたときは、レシートがあれば領収書をもらう必要はありません。

あとは、もらったレシートを溜めずに、コツコツと経理するよう習慣づけましょう。

 

編集後記

週末は、Go To Eatキャンペーンあいち食事券の引換のためにファミリーマートへ。引換券の申込みでは、Web予約にアクセスが殺到して手続きが完了するまで40分程かかりました。

 

経理やり方・効率化カテゴリの最新記事